紙に印刷した文字の文化を尊ぶ 文章教室と自費出版の明眸社

 乳がん手術と入院

 乳がん手術と入院

 元旦に大地震が能登で起こった。二〇二四年の幕開けとして、まことに辛い出来事である。道路が陥没し、液状化し、また家が倒壊したり、火災も起きている。人々は寒い中を避難を余儀なくされてしまった。  一方私はいま十分な治療をうけ、ねんごろに手当て …

乳がん手術までの日々

乳がん手術までの日々

 長い間がん保険に入っていた私は、やはり母親をがんで失ったことが念頭にあったように思う。だが、後期高齢者になり、健康を維持できているので、私はがんにはかからないような気がしてきた。それで、そろそろ保険も解約しようかと思っていた。ところが七十 …

三十八歳の頃 1

三十八歳の頃 1

 最近、乳がんと言われ、そろそろ断捨離をしておきたいと思うようになった。私物が多すぎると、家族が迷惑するだろう。  そこで、まず古いノートを捨てることにした。ノートは、子育ての頃の日記である。子供たちの片言を拾ってメモしたり、毎日の忙しい生 …

歳月の贈り物― マリッサの思い出

 この頃はコロナ禍の為に蟄居しているせいか、過ぎし昔などを思い出すことがとても多い。カレンダーの日付けにはそれぞれに思い出が沢山詰まっている。その思い出と草花は意外にも自分の中で結びついている。例えば次男の生まれた日と病院の窓から見えた藤棚 …

しずかの手抜きレシピ

しずかの手抜きレシピ

 料理の事ならかなりなんでも書けそうな気がしてきた。今回は主に材料別に書いてみようと思う。我家で大活躍のトマト、玉葱、白菜だ。 トマト  私は一年中冷蔵庫にトマトをきらさない。冬場は値段も高いので一回に一つか二つしか買わないが、それでもトマ …

しずかの賄い飯

しずかの賄い飯

 私は今長男一家と同居している。長男には子供が四人。私は炊事当番をかれこれ十年やっている。家族全員の食事を作るのだが、昼は大体五人分、夜は八人分だ。買物は長男が行く。費用は人数割りで負担する。メニューは週に二回作り、買い物リストもそれに伴っ …

目黒・行人

目黒・行人

 十二月一日に「聖書百週間」があった。いつも目黒の駅から大岡山小学校行きのバスに乗って、碑文谷にあるサレジオ教会へ水曜日ごとに(第三水曜日以外)通っている。いつもこのコースである。九月に通い始めたのだがこの往還が楽しい。  まずバスは次々と …

モノについての断章

モノについての断章

最近、エッセイの会のお仲間が、ミニマリストについて何度か書いていて、これまであまり関心がなかったのだが、人間がモノを持つという事について考えるきっかけになった。 私は幾つかの例をあげて「モノ」と人間について考えてみたいと思う。ちなみにそのエ …

南米アマゾンに寄せて

南米アマゾンに寄せて

(1) 最近、私の脳裏に「アマゾン」がこびりついている。それで、アマゾンのことなどを書いてみたいと思う。ご覧になった方もあろうと思うがNHKの番組でアマゾンを取り上げていた。二回の連続でどちらも再放送だ。アマゾンに生きるイゾラドと呼ばれる、 …

末っ子の結婚

末っ子の結婚

三男の幹三が昨年五月に結婚して入籍し、十二月に披露宴をした。十二月七日、小雨が降ったりやんだりの寒い日だった。披露宴は本人たちの住んでいる六本木から徒歩十分のところにある式場を兼ねたスペイン料理のレストランで八十名ぐらいのお客様が集まった。 …